Dolphan日記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 「プロトタイプ・ファン感謝デー2011」レポ

<<   作成日時 : 2011/08/21 23:59   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

イベント1週間後にレポ打つのもどうなのですが、ここ10日ほどの間にあったイベントレポのラストは「プロトタイプ・ファン感謝デー2011」です。まぁ、このイベントについてはこの業界の各種サイトにて取り上げていますので、自分のところは軽い気持ちで見ていただければと。ちなみにグリザイアのほうは見ておりません。
画像


コミケ2日目の13時過ぎにビックサイトを後にし、りんかい線→京葉線共に目の前で電車が発車するというタイムロスを強いられ、結局秋葉原駅に着いたのは13:50。「ナツメブラザーズ!(21)スペシャルトークショー」の抽選に当たっていたのですが、「13:50以降は入場をお断りする場合があります」と言うデッドラインを超えてしまい、駄目かもと思ったのですが、ギリギリでセーフでした。

イベント会場へ行くと、座席のほぼ全てが埋まっており、何とか最後尾に数席残っていた椅子に座れました。
その後、その後ろに整理券がない人たちの立ち見用スペースが開放され、スペースいっぱいに人が集まりました。

自分らは貰わなかったのですが、入場時にアンケートやトークのネタを書く用紙が渡されていたらしく、「Rewrite」に関してはスタッフが回収。「ナツメブラザーズ」に関しては、参加者が前に来てテーブルや椅子等、思い思いの位置に置いていきました。

それが終わったのが14:10頃。
直後、トークイベント前に「ちょっとだけ発表会」というのが行われ、代表の多部田俊雄さんが登場。
イベント告知時、未発表となっていた2タイトルのうち、既に雑誌で発表が行われたPSP版「グリザイアの果実」のムービーを上映いたしました。
そしてもう1タイトル、『「Key」のあの名作が、今話題のあの機種に登場』と言う告知が行われていたタイトルについて発表。見て回った限り、正解は1割程度だったとの事。
そして「クドわふたー」の歌が流れ始め…去年使ったと言う嘘ネタが再び登場(某渦巻きロゴの機種)。
そんなフェイクの後、「きょーすけが帰ってきたぞー」と言う声が響き、デジャヴを覚えつつモニターを見ると…
中央の「リトルバスターズ Converted Edition」のロゴの左上に、「PS VITA」のマークが。
PS Vitaでリトバスが発売される事を発表し、今回のイベントに合わせプレイアブルが出来上がっていたそうですが、
「実機を持ち出すな」と言われたため、キャプチャしたものをBlu-rayに録画して上映と言う形になったそうです。
…もし、ここでプレイアブル出展していたら、国内初だったんじゃないでしょうか? だから止められたんでしょうね。

そして携帯の「ビジュアルアーツ★Motto」が、スマートフォンブームに押されユーザーが減少しているという話から入り、スマートフォン対応の「ビジュアルアーツ★Motto SP」が9月中旬頃オープンすることを発表。

最後に来年の第6回目は微妙と言うコメントがあり、発表会は終了いたしました。

この発表会の直後、展示のほうでは今回発表されたタイトルが掲載された「プロトタイプ通信」が置かれるようになり、PSV「リトルバスターズ」の動画が見れるようにするなどの設置作業が行われておりました。

そして「ナツメブラザーズ!(21)スペシャルトークショー」が開始。
(一言一句正確でない場合がありますので、ご注意ください)

MCの荻原秀樹さんが登場し、テーブルの惨状を見て座る場所が無いと嘆いた後、
「コミケ行った人」→「今日行った人」→「明日行く予定の人」と3回質問し、最後に「多すぎだ」と一言。

そして民安ともえさんと鈴田美夜子さんが登場…鈴田さんは鳥の着ぐるみを着ていました。
今回の衣装についてのクイズになり、「テバリャフカ」と言う答えを言った後、突然座席の真ん中を突っ走り、途中で後ろの立ち見の多さにビックリして帰るという一幕がありました。
だったそれだけで息が上がったり「暑い」と言う鈴田さんに荻原さんが「暑いのお前だけだよ!」言い放ち、会場の人も「涼しいー!」と叫んで「ガックシ」と退場しようとする鈴田さん。

ナツメブラザーズのイベントは3回目ですが、初めての人は多かったようです。
今回はアニキ(緑川光さん)がいないので、代わりにMCの萩原さんが来ておりましたが、
「萩何とか」とか「萩さん」とか言われたり、ノリで欽ちゃん(萩本欽一さん)ネタをさせられたりする場面が。

まず(?)は「写真で振り返る鈴田美夜子「七変化」」という事で、過去の「○○リャフカ」の写真とそれに関したお話などがありました。

そしてテーブルに無造作(意図的)に置かれているアンケートを何枚か開き、それに答えておりました。
Q「緑川さんの良い所を言ってください」
Q「モノマネ」 A「えーっ、次」と鈴田さんがスルー
Q「相方の良い所」
Q「笑顔の秘訣」
Q「夏の楽しかった思い出、悲しかった思い出」

といった質問がありました。

そしてスペシャルゲストとして「ラジオRewrite 月刊テラ・風祭学院支局」から斎藤千和・森田成一さんが登場。
森田さんはテーブルの惨状を見て「何ですかこれ?」と一言。
そして番組名が長くて端折られたり、森田さんが荻原さんに「荻なの?萩なの?」っと聞いてたり(後に何度もネタにされてます)、再び欽ちゃんネタをさせられたりした後、民安さんと鈴田さんは一度退場。

初のイベントであるという話から入り、荻原さん、森田さんが共に昭和47年生まれで同い年であるということに斎藤さんが「いい年なんだ?」と言って『うっさい!』とハモって返されたりすると言うやり取りの後、斎藤さん、森田さんが「Rewirte」発売日当日に秋葉原に行ったときのお話がありました。
気付いてもらえなかったり、気付いても遠目に見られてしまったとか。

ラジオ関連の話ではCDの帯の話や、「お宅(オタク?)訪問」とか「温泉バスツアーで」輪になって背中の流しっこをしたいなどのお話があり、恒例(?)のエア銃撃戦では斎藤さんが水をこぼすなどのハプニングも。

そしてジャンケン大会が行われ、グッズセットやらCDなどのプレゼントがあり、鈴田さんが身体でグーチョキパーを表現したり、斎藤さんが「これで君も、パーフェトクボディ」と言わされる場面もありました。

最後に一言ずつ挨拶があり、その中で鈴田さんがエア銃撃戦で撃たれたり、斎藤さんが荻原さんの学生時代の先生のモノマネをしたりした後(逆だったらスミマセン)、鈴田さんの一本締めでトークイベントが終了いたしました。

その後は、展示を見て回りました。
画像
プロトタイプ通信の中の記事の一部

画像
その2


画像
PSP「グリザイアの果実」
UMD2枚組が既に決定している模様

画像
PSP「あまつみそらに」
移植に際してのお願いのお話があります

画像
PS3「タイムリープ」
立体視対応のきっかけについて

画像
PSV「リトルバスターズ!」

画像
PSP「Planetarian」(チャリティー版)


*画像に関して問題があった場合はご連絡ください

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「プロトタイプ・ファン感謝デー2011」レポ Dolphan日記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる